佐々木麟太郎の幼少期からの生い立ちや経歴!両親や家族構成も!

メジャーで大活躍した大谷翔平選手の母校として知られている花巻東高校から、またまた新たなスターが誕生しました!

その名も、「佐々木麟太郎」選手です!

高校入学から半年あまりで放った本塁打は47本と、2023年ドラフト有力候補として話題になっていますね。

そんな佐々木麟太郎選手について、

・生い立ちや経歴は?
・両親はどんな人?
・家族構成や実家の情報は?
・プロフィールと戦歴も知りたい!

なんて疑問をお持ちのアナタのために、佐々木麟太郎の生い立ちや経歴、家族情報などを調査・まとめました!

佐々木麟太郎の生い立ちや経歴


(https://bit.ly/3oS5z4T)

まずは、佐々木麟太郎(以下、佐々木)選手の生い立ちや経歴について調査しました!

佐々木麟太郎の幼少期〜小学生時代

佐々木選手の出身小学校は「北上立銚子小学校」です。

・学校名:北上立銚子小学校
・所在地:岩手県北上市上江銚子16地割200

佐々木選手のお父さんが元野球選手で指導者をしていたということで、幼少期から野球漬けの毎日だったのかもしれませんね。

そして小学校2年生の2015年から2017年に江銚子ジュニアに所属。

当時からすでに体格が大きかったそうです!

小学校では生徒会長も務めるなど、リーダー性はこのころから備わっていたみたいですね!

佐々木麟太郎の中学生時代

佐々木選手の出身中学校は「北上立銚子中学校」です。

・学校名:北上立銚子中学校
・所在地:岩手県北上市黒沢尻1-1-1

中学校に入った佐々木選手は、2018年から2020年に金ヶ崎リトルシニアに所属しています。

中学硬式野球クラブで、4番で主将として活躍。

この金ヶ崎リトルシニアは、大谷翔平選手のお父さんである大谷徹さんが監督を務めています!


(https://bit.ly/3nCEi79)

大谷徹さんは自身も野球選手だったことや指導者としての経験歴が長いので、教わりたいという方も多いそう。

佐々木選手もその1人だったのでしょう。

佐々木選手が主将をしていた2020年には、東北でナンバー1の野球チームを決める大会であるリトルシニアの大会で3回戦まで勝ち抜いており、かなり優秀な成績を残しています。

そして、小学校と同様、中学校でも生徒会長を務めていたそうですよ!

佐々木麟太郎の現在


(https://bit.ly/30NThTa)

佐々木選手は現在「花巻東高等学校」の1年生です(執筆時)。

・学校名:花巻東高等学校
・偏差値:42~49
・所在地:岩手県花巻市松園町55-1

入学してすぐに春季岩手県大会に起用され、背番号17番でベンチ入りを果たしています。

2番・一塁手としてスタメンで出場すると、2試合連続&3打席連続ホームランでプロの注目を集めると、決勝でも本塁打を放ち高校通算8号を記録。

そして、何とこの花巻東高校で監督を務めているのが佐々木選手のお父さんなんです!

親子二人三脚でほんとすごいですよね!

その後、3年生が引退した新チームでも不動のレギュラーとして定着。

迎えた高校野球秋季東北大会の2回戦、東日大昌平との対戦では、4回2死二塁の流し打ちから左中間席に運ぶ特大の2ラン!

この時点ですでに47号ホームランを放っている佐々木選手は、早くも清宮幸太郎選手を上回るペースでホームランを量産しています。

そして、この大会でチーム初優勝、岩手県勢では1983年以来38年ぶりとなる優勝に貢献しました!

1年生でここまでの成績を残しているということから、既にドラフト候補と言われているのも納得ですね。

佐々木麟太郎の両親や家族構成・実家の情報


(https://bit.ly/3cCpq2A)

佐々木選手の家族は、

・父:佐々木洋
・母
・佐々木麟太郎
・妹:佐々木秋羽

の4人家族です。

両親


(https://bit.ly/3DFU4UB)

お母さんについては一般の方のため詳細は明かされていませんが、今の佐々木選手があるのはお父さんである「洋」さんの存在が大きいのではないでしょうか。

洋さんは1975年7月27日生まれで現在46歳(執筆時)。

中学校時代はヤンキーとしてぐれていた時期もあったとか!?

短ランとボンタンに身を包み、地元の悪いやからを引っ張る番長のような立場にいたそうなのですが、このころからリーダーシップは持っていたと過去に洋さん自身が語っています。

ですが、番長ではリーダーシップの使い方が間違っていると当時の恩師に言われ、番長をやめ「生徒会長になれ!」と言われたことで人生が変わったそう。

そんな洋さんは高校時代から野球を開始し、大学は国士舘大学に進学。

寮生活を送りながら野球を続けていたそうです。

大学卒業後はプロ野球選手か社会人野球で活躍したいという夢があったものの、思うように実力を発揮できず、いつの間にかサボるようになってしまったとのこと。

そんな日々を過ごしているうちに、このままの人生でいいのか迷い始めた洋さんは書店で一冊の本と出会います。

その本に出会ってからこれからの目標を考え始め、今後は選手ではなく指導者として活躍することが思い浮かんだそう。

目標は高くということで、「最年少監督である28歳で甲子園出場を果たす」というハッキリした期限も決めました。

その後、大学に通いながら神奈川県にある横浜隼人高校で野球部のコーチになり、指導者としてのキャリアをスタート。

岩手県に戻ってからは、新聞の募集で花巻東の求人に応募し、1996年からは社会科の先生として働き始めました。

当時、任されたクラブ活動は野球部ではなくバトミントン部だったそうなのですが、その後はソフトボールの顧問、2002年にやっと念願の野球部監督に就任。

花巻東高校の監督に就任してから現在まで、20年間の指導期間に残した実績は以下の通りです。

・2005年:全国高校野球選手権大会 2回戦
・2007年:全国高校野球選手権大会 1回戦
・2009年:選抜高等学校野球大会 準優勝
・2009年:全国高校野球選手権大会 ベスト4
・2011年:全国高校野球選手権大会 1回戦
・2012年:選抜高等学校野球大会 1回戦
・2013年:全国高校野球選手権大会 ベスト4
・2015年:全国高校野球選手権大会 3回戦
・2018年:選抜高等学校野球大会 ベスト8
・2018年:全国高校野球選手権大会 1回戦
・2019年:全国高校野球選手権大会 1回戦
・2021年:明治神宮野球大会 1回戦

2002年の就任から、春のセンバツ高校野球出場3回、夏の甲子園出場8回の実績もあり、甲子園では強豪校として有名ですよね!

そして、何といっても教え子がすごい!

現在シアトルマリナーズで活躍している菊池雄星選手や、エンゼルスの大谷翔平選手は当然教え子です!


(https://bit.ly/30P32QV)

教え子が2人ともメジャーリーガーとして活躍していることは、洋さんにとっても誇らしいことではないでしょうか。


(https://bit.ly/3xagRoV)

妹は佐々木秋羽さんといい、現在中学校3年生です。

秋羽さんも野球をしており、金ケ崎リトルシニアに所属しています。

硬式野球チームなので男子率が高いのですが、その中に混じって秋羽さんもプレーしているなんてすごいですよね!

そんな秋羽さんの将来の夢は女子プロ野球選手になること!

佐々木選手と同じく小学2年生で野球を始め、現在も続けているということは本当に野球が好きなのでしょう。

また、東京2020オリンピックで聖火ランナーも務めていました!


(https://bit.ly/3DF1Wpl)

夢である女子プロ野球選手になるために、今後も頑張って欲しいと思いますね!

スポンサーリンク

佐々木麟太郎のプロフィールと成績


(https://bit.ly/3DIMtEF)

名前:佐々木 麟太郎(ささき りんたろう)
生年月日:2005年4月18日
年齢:16歳(執筆時)
出身地:岩手県
身長:183cm
体重:118kg
所属:花巻東高校
ポジション:内野手
利き腕:右投左打

主な成績を以下にまとめました。

・2018年:リトルシニア東北連盟夏季 1回戦
・2018年:リトルシニア東北連盟秋季 1回戦
・2019年:リトルシニア東北連盟夏季 1回戦
・2019年:林和夫杯国際野球大会 3回戦
・2019年:ボーイズ東日本選抜大会 ベスト4
・2019年:リトルシニア東北連盟秋季 3回戦
・2020年:マツダボール旗岩手県支部大会 3位決定戦
・2020年:リトルシニア東北連盟夏季 3回戦
・2021年:明治神宮野球大会 ベスト8

高校1年生にして既に注目を浴びており、怪物ルーキーとして呼び声も高いということなので、2年後のドラフト会議が楽しみですね!

佐々木麟太郎のプレースタイルや世間の声

それでは、佐々木選手のプレーをご覧ください!

すごい迫力ですね!

体格もさすが!という感じです。

佐々木選手に関して、世間の方はどう思っているのか見ていきましょう。

花巻東は良い選手育ってる!
佐々木麟太郎君1年生。楽しみだな~!

来年の甲子園が早くも楽しみやね♥

花巻東、佐々木麟太郎がやばいのは当然なんだけどチーム力がすごいわ!

皆さんも佐々木選手に注目しているようですね!

今後、どんな成績を残してくれるのか期待してます!

まとめ

・出身小学校は「北上立銚子小学校」で江銚子ジュニアに所属
・出身中学校は「北上立銚子中学校」で金ヶ崎リトルシニアに所属
・現在「花巻東高校」の1年生
・2023年のドラフト候補
・お父さんは花巻東高校の監督で洋さんという
・妹の秋羽さんも金ケ崎リトルシニアで野球をしている
・佐々木麟太郎のプロフィール

今回は、佐々木麟太郎選手について以上のことが分かりました。

まだ高校1年生にも関わらず、既にプロ入りの話も出ている大注目選手です。

まだまだ成長中とのことで、今後どんな活躍を見せてくれるのか楽しみですね!

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です