河辺愛菜の幼少期からの生い立ちや経歴!両親や家族構成も!

フィギュアスケート界の期待の新星と言われている「河辺愛菜」選手!

トリプリアクセルジャンパーを得意とし、今後期待大の日本女子フィギュアスケート選手です。

そんな河辺愛菜選手について、

イケ
イケ

生い立ちや経歴は?両親や家族構成・実家の情報は?プロフィールと戦歴も知りたい!

なんて疑問をお持ちのアナタのために、河辺愛菜選手の生い立ちや経歴、家族情報などを調査・まとめました!

河辺愛菜の生い立ちや経歴

まずは、河辺愛菜(以下、河辺)選手の生い立ちや経歴について調査しました!

河辺愛菜の幼少期~小学生時代

河辺選手は、浅田真央選手に憧れて6歳の頃からスケートを始めました。

自宅から車で10分ほどの距離にある名古屋スポーツセンターで、浅田真央選手を育建て山田満知子コーチからスケートを教わることに。

そんな河辺選手の出身小学校は明かされていないのですが、地元名古屋の公立校と思われ、通っていた中学校の校区から考えると、

・汐路小学校
・陽明小学校

の2校に絞られそうです。

学校に通いながら朝練を4時間行っていたことから、朝の4時半には自宅を出発する日々を送っていたそうです。

小学校3年生からは荒川静香さんを指導した長久保裕コーチに教わるようになり、そこで基礎を学んでいきます。

その後、2度の国際大会に出場し優勝を勝ち取っています。

河辺愛菜の中学生時代

小学校を卒業した河辺選手は「名古屋市立汐路中学校」に進学します。

・学校名:名古屋市立汐路中学校
・所在地:愛知県名古屋市瑞穂区御莨町4丁目16

中学1年生だった2017年にはジュニアの国際大会で優勝!

さらに、全国中学校スケート大会にも出場し、この大会はトップ選手への登竜門と言われていることから当初は8位までに入りたいと思っていた河辺選手でしたが、大会の2週間前に左足を負傷し目標を叶えることができなかったそうです。

ちなみに、この大会で浅田真央選手や羽生結弦選手は優勝しています。

そして、中学2年生の2018年に、宮原知子選手や紀平梨花選手を育てら濱田美栄コーチに教わることに。

そのため、練習拠点を名古屋市から大阪市に変えました。

大阪市に移住したことから、中学校も「高槻市立第九中学校」に転校しています。

・学校名:高槻市立第九中学校
・所在地:大阪府高槻市松が丘1丁目17-1

大阪では関西大学KFSCに所属し、練習を開始。

中学3年生だった2019年11月には全日本Jr.選手権で優勝を飾っています。

河辺愛菜の高校生時代

中学校を卒業した河辺選手は京都にある「京都両洋高校」に進学し、現在高校2年生です。

・学校名:京都両洋高校
・偏差値:39~50
・所在地:京都府京都市中京区壬生上大竹町13

1925年開校の私立高校で、女子硬式野球部の強豪校として知られています。

この高校にはフィギュアスケート部がないため、関西大学カイザーズフィギュアスケートクラブを拠点に練習を行っていました。

また、高校1年生だった2020年にシニアデビューし、全日本フィギュアスケート選手権6位などの成績を残しています。

その後、高校2年生だった2021年に急成長し、GPシリーズのNHK杯で2になり大きな注目を集めるように。

さらに、2021年12月の全日本フィギュアスケート選手権で、坂本花織選手、樋口新葉選手に次ぐ3位という成績をおさめています。

まだ高校2年生なので、大学進学先などは明かされていないのですが、関西大学で練習をしていたこともあるので、進学先は関西大学である可能性が高そうですね!

春に高校3年生になったら進学先について公言する機会も増えると思うので、どこの大学に進学するのか、大学へはいかないのかなどの情報があがってくるのではないでしょうか。

河辺愛菜の両親や家族構成・実家の情報

河辺選手の家族構成は、次の4人家族です。

・父
・母:河辺美那子
・河辺選手
・弟

河辺選手は名古屋出身ですが、スケートに専念する際に大阪に拠点を移しています。

その際、大阪で一緒に暮らしたのはお母さんと弟で、お父さんはそのまま名古屋に残ったそう。

お父さんについての情報はなかったのですが、仕事関係の都合上一緒に大阪に行くことができなかったのでしょうね。

それにフィギュアスケートは費用がかかるスポーツとして有名なので、公務員や役職についている会社員などではないかと予想できます。

一方のお母さんである美那子さんは河辺選手の練習に協力的で、過去にテレビで河辺選手の特集が組まれた際、美那子さんも登場しました。


(C:テレビ愛知)

早朝4時半から河辺選手をスケートリンクに送迎したり、家で復習するために練習風景を撮影するなど熱心にサポートしてくれているようです。

美那子さんの支えがなければここまでスケートに打ち込むことができなったと思うので、本当に母の愛は大きいなと感じました。

そして、河辺選手には弟がいるのですが、年齢や顔画像など一切公開されていません。

一般人の方でしょうし、河辺選手がまだ高校生なので弟も学生なのでしょう。

学校や学業に支障が出ないように公には出さないようにしているのかもしれませんね。

スポンサーリンク

河辺愛菜のプロフィールと戦歴

名前:河辺 愛菜(かわべ まな)
生年月日:2004年10月31日
年齢:17歳(執筆時)
出身地:愛知県名古屋市
身長:154cm
血液型:O型
趣味:読書
所属クラブ:木下アカデミー

主な戦歴は以下の通りです。

【ノービス時代】
・2015-16:愛知選手権Bクラス 優勝
・2017-18:クープ・ド・プランタン・Aクラス 優勝
・2017-18:アジアフィギュア杯アドバンスド優勝

【ジュニア時代】
・2019-20:全国中学校スケート大会 11位
・2019-20:近畿選手権 優勝
・2019-20:全日本ジュニア選手権 優勝
・2019-20:世界ジュニア選手権 11位
・2019-20:JGPレークプラシッド 5位
・2019-20:JGPクロアチア 4位
・2019-20:ユースオリンピック 4位
・2020-21:全国中学校スケート大会 優勝

【シニア時代】
・2020-21:近畿選手権大会 2位
・2020-21:NHK杯 6位
・2020-21:全日本選手権 6位
・2021-22:NHK杯 2位

輝かしい成績ばかりですね!

河辺愛菜のプレースタイルや世間の声

全日本フィギュアSPでトリプルアクセルという大技を決めたことでさらに注目を浴びるようになった河辺選手。

どんな滑りをしているのか動画をどうぞ!

高校生とは思えない大人っぽい容姿でめちゃくちゃ綺麗ですね!

氷の妖精と言っても過言ではないくらい素敵です!

では、河辺選手について世間の方がどう思っているのか見ていきましょう。

河辺愛菜選手!雪の女王のように優雅且つ力強い!
畳みかけるような冬の音楽に力強さを増し最後は氷を放つ姿は圧巻!それにめちゃくちゃかわいい!

河辺愛菜選手かわいい!フィギュアの未來は明るい。

河辺愛菜選手は綺麗とかわいいと兼ね備えた選手です!

「かわいい」「綺麗」という声が多かったように思います。

身長154cmと小柄な河辺選手なのですが、氷の上ではとても大きく見えます!

まとめ

・スケートを始めたのは6歳でキッカケは浅田真央選手への憧れから
・出身小学校は不明
・出身中学校は「名古屋市立汐路中学校」と「高槻市立第九中学校」
・出身高校は「京都両洋高校」で現在高校2年生
・4人家族である
・河辺愛菜のプロフィール

今回は、河辺愛菜選手について以上のことが分かりました。

まだ高校2年生の河辺選手ですが、これまでに輝かしい成績を残しています。

今後さらに成長し続けてくれる選手だと思うので、活躍が楽しみですね!

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。