永島まなみの年収はいくら?過去の推移やレース以外の収入源も!

5年ぶりの女性ジョッキーと話題の「永島まなみ」騎手。

「頑張ってほしい!」と、応援の声も多く見られます。

そんな永島まなみ騎手ですが、

・年収はどのくらい?

・年収の推移は?

・レース以外の収入源はあるの?

なんて疑問をお持ちのアナタのために、永島まなみ騎手の年収について調査・まとめました!

永島まなみの年収はいくら?


(https://bit.ly/38xxkbW)

さっそく、永島まなみ(以下、永島)騎手の年収を調査です!

と、言っても、永島騎手はデビューしたばかりなのでデータが何もありません。

そして、騎手の年収はレースでの賞金金額で変わってきますよね。

そこで、騎手の平均年収を調べてみると4,000万円ほどということが分かりました。

新人だと、そこまでは難しいのだろうなぁ〜、と思ったのですが、小さいレースでも5勝くらいすれば年収1,000万を超えてくるそうなのです!

もちろんこれは男女同じですが、女性騎手の藤田菜々子さんの2020年の年収は4,687万円です。

そして、トップ騎手となると、福永祐一騎手は1億8,663万円、松山弘平騎手は1億8,475万円と2億円近くの収入になります。

ちなみに、競輪選手の平均年収は1,022万円ほど、競艇選手の平均年収1,600万円ほどなのだそうです。

そう考えると、騎手って高給取りですね!

永島まなみの年収:過去の推移は?

さて、永島騎手の年収の推移についてです。

が、永島騎手は一年目ですので、推移の始まりなわけですね!

もちろん成績により収入が変わるわけですが、初年度は1,000〜1,500万円ほどは稼ぐのでは?と予測しています!

この金額はG1日本ダービーで1着を獲ったとしたら、それでクリアできる金額なのです。

G1日本ダービーの1着の賞金は2億円です。

次の見出しで詳しく説明しますが、騎手には賞金の5%が入るので、それだけで1,000万円になるわけです。

一年目からG1日本ダービーに出ることは難しいと思われますが、小さいレース5勝で1,000万円は可能かと思います。

右肩上がりに増えていくのか注目ですね!

スポンサーリンク

永島まなみのレース以外の収入源は?

永島騎手は、レース以外に収入源はあるのでしょうか?

そこで、騎手の収入源を調べてみました。

騎手の収入源

【レース】

賞金 賞金の5%
※馬主80%・調教師10%・厩務員5%
騎手奨励手当 16,000円(1出走)
騎乗手当 G1:63,000円
重賞:43,000円
一般:26,000円
※障害競走を除く

【その他】

調教手当 数千円
騎乗契約料 調教師と騎乗契約を結んでいる場合
イベント・CM・TV・出版など 契約内容による

全体の内訳としては、レースが90%・その他が10%ほどとなっています。

もちろんレースで勝つことが一番です!

が、テレビ出演などが増えればその分収入も増えますよね!

永島まなみプロフィール


(https://bit.ly/3lc5jvk)

名前:永島 まなみ(ながしま まなみ)
出身地:兵庫県尼崎市
生年月日:2002年10月27日
血液型:A型
身長:159.8cm
体重:45.4kg
趣味:料理
特技:水泳
所属:栗東・高橋 康之厩舎

永島騎手は、3歳のとき特技にもあげている水泳を始めます。

そして、小学1年生からはピアノを習い始めますが、2つとも小学5年生で辞め、阪神競馬場の少年団で乗馬を始めます。

岩田望来騎手が栗東の乗馬苑で騎乗しているのを見て、「私も習いたいな」と思ったそうです。

何により、騎手を目指すことを決めたのは、元騎手である父の永島太郎さんの姿を見てカッコいいと思ったのがキッカケでした。

そして、2021年3月6日にJRA小倉競馬でデビューしました。

そんな永島騎手は料理が趣味で、ハンバーグや唐揚げが得意料理なんだそうです!

それでは、永島騎手のデビュー戦をご覧ください!

スポンサーリンク

まとめ

・永島騎手の年収は成績によって変わる

・騎手の平均年収を調べてみると4,000万円

・年収の推移はこれから

・レースの他にイベントなどの収入もある

・プロフィール

今回は、以上のことが分かりました。

年収を上げるのも下げるのも自分次第という厳しい世界です。

これから、どんな活躍を見せてくれるか楽しみですね!

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

永島まなみ騎手についてこちらもどうぞ↓
永島まなみの私服や制服画像はある?中学や高校はどこ!?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です